sato

【海外在住10年の筆者が教える】海外旅行で損せずお得に両替する方法

「いくらくらい両替したらいいの?」
「お得に両替したいけど、どの両替方法が一番オススメ?」

海外旅行の際、お金を日本で両替していくべきか、それとも現地で両替すべきか、けっこう悩みますよね?

今回は、海外在住トリップアテンダント編集部の佐藤が、両替にまつわる様々な疑問を分かりやすく解決していきます!

「空港からホテルまで自分で行くので、タクシー代分くらいの現地通貨は持っていきたい」
「旅行中は時間がないし現地の言葉も分からないので、日本で両替していきたい」

という方には、日本国内でお得に両替する方法も、後ほど詳しくご説明していきますね。

この記事をお読みいただければ、両替に関する不安や疑問をスッキリ解決できて、安心してご旅行を楽しむことができますよ(^^)

海外旅行で両替は最小限に

結論から書かせていただきます!

海外旅行で、お得に両替したい人に1番オススメなのは、現金の事前両替は最小限にして、あとはクレジットカード払い、もし現金が足りなくなったらキャッシングです。

海外旅行に慣れている方なら、現地で両替するのもそれほど問題なくできると思いますが、海外旅行初心者の方や言語に自信がない方は、やっぱり日本で少し両替していった方が安心しますよね?(^^)

また現地に到着して、バスやタクシーに乗ったりするので、どうしても現地通貨が必要だと思いますし、少額の現金を日本で事前両替していくといいでしょう。(時間に余裕のある方は、FXでの事前両替がレート的にお得ですよ!)

ただ両替するのが日本であれ現地であれ、一定の手数料がプラスされてしまうので、現金の両替は最小限にして、できる限り支払いはクレジットカードで済ませたほうがお得!というわけなのです。

そして、もし現地で現金が欲しい場合は、1番手数料が安い「クレジットカードキャッシング」を利用しましょう!

現金は最小限のみ両替して、残りはすべてクレジットカードで支払う、もし現金が足りなくなったらキャッシング!

ぜひこれを覚えておいてくださいね♪

海外旅行で両替する目安の金額

みなさんは海外旅行の時、いつも何円くらい両替していますか?

ざっくりめに言って、だいたい3万円くらいという方が多いようですが、私もいつも2万から3万円くらいの現金を両替しています。

もちろん旅行先が、先進国なのか発展途上国なのか、何日間滞在するのか、パックツアーか個人旅行かでも変わってくると思いますが・・・チップを支払ったり、タクシー代を払ったり、ある程度現金がないとやっぱり不安ですよね?

そこで参考となる計算式を紹介しますね!

両替の目安は、1日の予算 × 滞在日数

参考となる計算の仕方の1つは、1日の予算 X 滞在日数 です。

例えば、ベトナムに4泊5日の旅行をするとしましょう。

フリーのパックツアーで行くとなると、ホテルと飛行機代以外の交通費や食費すべてを自分で払う必要があります。

ベトナムは発展途上国で、かつ物価もそこそこ安いので、1日おおよそ3,000円もあれば普通に楽しく遊べるでしょう♪

ですので計算すると、 3,000円 × 4泊=12,000円ですね。安いっ!(笑)

ただし気をつけなければならないのは、観光客が行くようなレストランやマッサージ店などは観光客価格に設定されているので、この予算では少し厳しいかもしれない、という点です。

そしてもしお土産を買う場合、これ以上の金額になる事も十分予想されますよね?

ですのであくまでも、「最低限の現地通貨所持金の目安」として考えて頂けたらと思います。

ちなみにレストランやマッサージ店などは、クレジットカード払いができる所が多いので、できる限りクレジットカードで支払ったほうがお得ですよ♪

その方がクレジットカードのポイントも貯まるという特典もあります(^^)

ただ何かトラブルが合った場合(たとえばカード読み取り機の故障など)、現金を少し多めに持っていれば何かと安心なので、どうぞその点も覚えておいてくださいね。

海外では、クレジットカードがATMに飲み込まれるなどトラブルがつきものです・・・海外旅行に行く際は、クレジットカードは複数枚持っていきましょう!

複数枚のクレジットカード

海外旅行にクレジットカードは何枚持って行くべき?必要枚数とおすすめクレジットカードを紹介

2019-02-07

海外旅行で現地通貨を両替する方法

ここまでで、海外旅行でお得に両替するコツは、「現金の事前両替は最小限にして、あとはクレジットカード払い、もし現金が足りなくなったらキャッシングが1番!」という点をお伝えしてきました。

ここからは現地通貨を両替する方法として、「日本で両替する場合」「海外で両替する場合」の2つに分けて、詳しくご説明していきたいと思います。

まずは国内編からいってみましょう!

日本国内で両替編

海外旅行をする前に日本国内で両替する場合、次の3つの方法に分けることができます。

  1. 国内の銀行で両替
  2. 日本の空港で両替
  3. FXを利用して両替

これらを分かりやすいように、一覧表にしてみました!

両替方法手数料メリットデメリット
国内の銀行1USドルあたり約2.5~2.8円安心感がある
(一部銀行は外貨両替宅配サービスがありで便利)   
外貨両替に対応している店舗が限られている
日本の空港 1USドルあたり約2.8円出発前直前に両替できるので便利特になし
FX1通貨あたり0.2銭
(空港受取手数料+500円)
手数料が群を抜いてお得口座開設しなければならず、時間がかかる・手続きが面倒

どなたでも気軽に利用できる王道の方法は、やっぱり国内の銀行で両替ですよね。

国内の銀行で両替

◆手数料:1USドルあたり2.5円~2.8円(レートによって変動あり)

メリット
  • 事前に前もって両替できるので、海外旅行が初めての人にとっては精神的に安心できる
  • 外貨通貨両替ATMがある店舗に行けば、その場ですぐに自分で両替ができる
  • 外貨両替宅配サービスを利用すれば、自宅に届けてくれるので便利(手数料は別途発生)
デメリット

外貨通貨両替ができる店舗が限られている

結論:国内の銀行での両替は、ある程度時間に余裕がある人、海外旅行初心者の人には安心して使いやすい!

 

日本の空港で両替

日本で両替していく場合、いちばん利用しやすいのが、この空港で両替する方法でしょう。

◆手数料:1USドルあたり約2.8円(レートによって変動あり)

メリット
  • 時間がない人でも、出発前に利用する空港で両替できるのでとても便利
  • 日本語で安心して両替できる
デメリット

特になし

結論:出発前に気軽に両替できるので、国内で両替する場合いちばん簡単でオススメ!

 

FXを利用して両替

FXですが、なにせ手数料がとても安くて驚きです!

◆手数料:1通貨あたり0.2銭 (空港受取手数料は+500円)

メリット

手数料がとにかく安いので、現金を多めに両替したい人にはかなりお得

デメリット

口座を開設するなど初期手続きがめんどう

ちなみに簡単にFXを始められるとして、よく挙げられるものの1つにマネーパートナーズがあります。

口座の開設方法は、Web上で必要な個人情報を入力し、身分証明証の写真を送るだけで完了。

最短2営業日で、口座番号とパスワードが送られてくるので、時間もそれほどかからなそうですね。

外貨の受け取り方法も、銀行の外貨預金口座から引き出す方法と、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港で直接受け取る方法があるので、これらの空港を利用する方は、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?
※詳しくは、マネーパートナーズの公式サイトをご確認下さい。

結論:FXを利用しての両替は初期手続きが面倒ですが、以下の方には最安値で両替できるのでオススメです!

  1. 手続きに時間がかかるので、旅行までの日数に余裕のある方
  2. 両替金額が大きい方
  3. 成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港を利用する方

ここまでで、日本国内で両替する方法について、まとめてご説明してきました。

ここからは、海外旅行先で両替する方法を、順番にご紹介していきますね!

海外で両替編

旅行前は何かと忙しいので、「両替は現地でしたい」という方も多いのではないでしょうか?

または、「クレジットカードを使って、現地通貨を現地のATMから引き出す」という方も、結構いらっしゃいます。

そこで海外で両替する方法として、以下の6つを挙げてみましたので、1つずつ説明していきますね。

  1. 現地の空港で両替
  2. 現地の両替所で両替
  3. 現地のホテルで両替
  4. クレジットカードでキャッシング
  5. デビットカードでキャッシング
  6. 国際プリペイドカードでキャッシング

まずは国内編と同じく、海外編も、分かりやすく一覧表にしてみました。

両替方法手数料メリットデメリット
現地の空港手数料3%以上現地に降り立ってすぐに現金を手にできる早朝や深夜に開いていない場合がある
現地の両替所場所によっては、手数料2.5%以下場所によっては、手数料を最も抑えることができる金額を騙される可能性あり
現地のホテル手数料5%以上安全性が高い、便利手数料が高い
クレジットカードでキャッシング年率18%+ATM使用料(1番お得に両替できる)・為替レートが安い
・クレジットカードとしても使える
・カードによっては、手数料が0円のものもある。
キャッシング枠がないと利用不可
デビットカードでキャッシング手数料2.5~3%自分の口座から現地通貨を引き出せる不正利用補償が適用されないケースがある
国際プリペイドカードでキャッシング手数料4~5%+ATM使用料チャージした外貨を日本円に戻すことが可能手数料が高い

※こちらはあくまでも目安となっていますので、その時のレートや訪れる国によって変動がありますことをご了承下さい。

海外の空港で両替

海外旅行先の空港に降り立って、いちばん最初に両替できる場所といえば、なんと言っても空港ですね。

◆手数料:両替額の3%以上

メリット
  • 空港からホテルまで自分で行く場合など、すぐに現金が必要な場合に便利
  • 空港内なので、街中に比べると安全
デメリット

場所にもよるが、早朝や深夜に到着した場合、開いていない両替所もある

または、開いていても一部の店舗のみのケースも多い

結論:ホテルに行く前に、今すぐ現地通貨が必要な場合のみ、少額を両替するのがオススメ!

 

現地の両替所で両替

海外旅行慣れした人の多くが利用するのが、現地の両替所ですね。

人気の観光地であれば、ガイドブックにもオススメの両替所が載せられていますし、何度もその土地を訪れたことがあるリピーターの方であれば、1番レートが良い両替所が既に頭の中に入っている、なんてこともありますよね?

◆手数料:場所によっては両替額の2.5%以下とかなり安い手数料で両替できる

メリット

良いレートの両替所であれば、手数料を最小限に抑えることができる

デメリット
  • 金額を騙されるケースがある(※特に桁数の多い通貨の国やアジアなどで多発)
  • 場所によっては、ひったくりや盗難に遭う確率が高くなる
  • 限られた旅行期間中に、両替所を探して行く時間と手間がかかる

結論:事前によくリサーチして、安心安全な両替所でのみ少額を両替し、その場で金額の確認を忘れない!

ちなみに海外在住の私は、日本から遊びに来る友達やゲストを、いつも私行きつけの両替所にお連れしています(笑)

ガイドブックには載せられていない所なのですが、そこが最もレートが良く、なおかつ環境的にも安心安全な両替所なので、私自身も必要な時は必ずそこを利用しているんですよ。

読者の方ももし現地に友達やお知り合いがいるなら、その人に頼んで行きつけの両替所に連れて行ってもらうのがベストですし、それが難しい場合は、予めリサーチして現地の両替所情報を仕入れておくのもオススメですよ!

triko
日本人に人気のある観光地の両替情報は、事前にネットで情報をリサーチしておくのがオススメです。

特に街中の両替情報に関しては、現地在住者のブログなども参考にして、事前に最新情報を仕入れてみてくださいね。

現地のホテルで両替

日本人がツアーでよく利用するホテルなどでは、日本円から現地の通貨に両替OKなところがほとんどです。

ホテルは必ず帰ってくる場所ですし、いちいち街中の両替所に行くのはめんどう、という人にはオススメの両替方法と言えるでしょう。

ただし、手数料は両替額の5%以上とかなり高くなると予想されるので、くれぐれもこの点を注意してくださいね。

◆手数料:最も高い手数料を取られるケースが多い

メリット

安心安全で両替後すぐに部屋に戻れるので、現金を持ち歩くリスクがない

デメリット

手数料が最も高い

結論:手数料が高くても、安全性と利便性を取りたい人にはオススメ!

 

クレジットカードでキャッシング

海外旅行でお得に両替するのに最もオススメなのが、クレジットカードでキャッシングする方法です。

今持っているクレジットカードを使って現地でキャッシングするだけなので、面倒な手続きなどは一切必要ありません。

でもキャッシングと聞いて、少し抵抗を感じませんでしたか?

「キャッシングでの借り入れ履歴が残ると、信用情報に傷がつき、クレジットカードを作る時や車のローンを組む時などに、足を引っ張りそう・・・」と心配されるかもしれません。

ただ結論からいって、信用履歴に傷が残るのは、返済が遅れた場合のみですので、安心してください(^^)

現地でキャッシングをしても、期限内に返済すればもちろん問題となることはありませんし、帰国後すぐに繰上げ返済をすれば、手数料をかなり安く抑えることができます。

なにを隠そう海外在住のこの私も、手数料が安いという理由から、クレジットカードでのキャッシングをよく利用しているのです(^^)

実はクレジットカードによっては、旅行中にスマホから繰上げ返済ができるものもあります。つまりすぐに返せるので、手数料がかからないクレジットカードも存在します。

◆手数料:年率18%(帰国後に繰上げ返済すれば、1番手数料が安い。

メリット
  • 為替レートが安い
  • クレジットカードによっては、手数料が0円のものもある。
  • クレジットカードとしてももちろん使え、必要な分だけキャッシングもできる
デメリット

カードの種類によっては、対応できないものもある

結論:クレジットカードでのキャッシングが、1番お得な為替レートで両替ができる!


「でも海外でのクレジットカードキャッシングって、どうやってやるの?」

そんなあなたのために「クレジットカードキャッシングと、ATMの操作方法」について記事にしました(^^)

4枚のクレジットカード

海外旅行の両替はクレジットカードでキャッシングがお得!ATMの操作方法も徹底解説!

2019-03-30

デビットカードでキャッシング

デビットカードとは、支払い時またはキャッシング時に、自分の口座から瞬時に引き落とされるカードのことを言います。

◆手数料:2.5~3%

メリット

自分の口座から即時払いなので、使いすぎる心配がなく安心

デメリット

不正利用時に、補償が適用されないケースもある

結論:もし海外でキャッシングを利用する場合は、万が一を考えて口座に入金するお金を少なめにしておくのがオススメ!

 

国際プリペイドカードでキャッシング

あまり聞き慣れない「国際プリペイドカード」ですが、海外旅行の他にも、出張や留学で利用する人が増えているカードです。

◆手数料:4~5%

メリット

一度チャージした外貨を、帰国後に自分の口座に日本円として戻すことができる

デメリット

手数料が高い

結論:手数料が高いので、あまりオススメできません。

最終結論:最強の両替方法は、必要な分だけクレジットカードでキャッシング!

triko
両替手数料は、訪れる国によっても微妙に変わってきます。

たとえばイギリスやアメリカ、ヨーロッパは、日本で両替した方が手数料は安くなる傾向にあります。反対に、それ以外の国(特にアジアなど)では、現地で両替した方が、手数料は安くなるケースが多いんですよ。

事前に、現地の両替情報をリサーチしてから、旅行に行かれることをオススメします。

まとめ

海外旅行で両替する場合、日本と現地で両替する2パターンを考えてきました。

さいごに、オススメの方法をおさらいしてみましょう。

  • 少額の現金を、空港の安心安全な両替所で両替する(時間のある方はFXもオススメ)
  • その他はすべてクレジットカードで支払う
  • 追加で現金が必要な場合は、手数料が1番安いクレジットカードのキャッシングを利用する

海外旅行の両替で1番オススメなのは、現金の事前両替は最小限にして、あとはクレジットカード払い、もし現金が足りなくなったらキャッシングです。

以上の点を頭に入れて、どうぞ楽しいご旅行をお楽しみ下さい!

ADVISORこの記事を監修した人

Asumi

元ANA客室乗務員。高知県出身。
大学在学中に友人とバックパックでヨーロッパ一周など、これまで仕事を含め、旅した国は25ヵ国。結婚後1年間は沖縄の石垣島で過ごし、1児の母。
元客室乗務員としてのホスピタリティと、その豊富な旅行経験をもとに、トリップアテンダントでライター・監修者として活動。

トリップアテンダントのYouTubeチェンネルでも活躍してます!→YouTubeを観てみる
両替したUSドル