sato

海外旅行の両替はクレジットカードでキャッシングがお得!ATMの操作方法も徹底解説!

「今まで日本でもキャッシングしたことがないから、できるか不安・・・」
「英語がわからないから、海外のATM操作は難しそう・・・」
「キャッシングで借り入れすると、信用履歴に傷がつくんじゃないの?」

あなたもクレジットカードを使って、海外のATMでキャッシングするのはハードルが高い!と思っていませんか?

実はキャッシングは思っているより簡単で、何より両替所に行って両替するよりはるかにお得なのです!

今回は海外在住のトリップアテンダント編集部の佐藤が、海外旅行中にクレジットカードを使って簡単にキャッシングする方法を、はじめての方でもわかりやすいように、実際のATMの写真と一緒に丁寧にお伝えしたいと思います。

この記事をお読みいただければ、次回の海外旅行からあなたも簡単に、現地通貨をキャッシングすることができますよ(^^)

まずはクレジットカードでのキャッシングが、おすすめな理由を知っておきましょう!

クレジットカードでキャッシングするメリット

あなたは海外旅行の際、両替するよりも現地のATMでクレジットカードを使ってキャッシングする方が、だんぜんお得だと知っていましたか?

現在ベトナムで暮らしている私も、現金が必要な時はいつも日本のクレジットカードを使って、現地のATMでキャッシングをしています。

なぜなら両替するよりも、クレジットカードでキャッシングする方が、メリットが多いからです(^^)

代表的なメリットとして、次の3点が挙げられます。

メリット
  1. 両替するより手数料が安い
  2. 必要な分だけ現地通貨を引き出せる
  3. 現金を持ち歩くよりも安全

この後、それぞれを詳しくご説明していきますね♪

両替するより手数料が安い 

まずなんと言っても、両替よりもクレジットカードでキャッシングした方が、手数料は安くなります。

わかりやすい例えとして、5万円を、両替した場合とキャッシングした場合の手数料を比べてみましょう。
(※計算しやすいよう1ドル100円で計算 → 500ドルを両替した場合)

両替方法両替の手数料
銀行での両替
(両替手数料 1ドルあたり3円)
50,000円÷100円×3円(手数料)=約1,500円
クレジットカードキャッシング
(年率18% 30日後に返済と仮定)
50,000円×0.18÷365日=24.7(1日あたりの利息)
24.7×30日=739円(30日間の利息)
ATM手数料216円+739円=約955円

差額:1,500円 ー 955円 = 545円
結論:クレジットカードでキャッシングしたほうが、両替よりも545円お得!

しかも海外旅行から戻ってすぐに繰り上げ返済(早期返済)をすれば、利息はさらに安くなり、もっとお得になりますよ。

「キャッシングをすると信用履歴に傷がつくのでは?」

と心配される方もいるかもしれませんが、キャッシングで借り入れ履歴が残るのは、返済が遅れた場合のみであって、期限内にきちんと返済すればもちろん問題となることはありませんので、安心してくださいね(^^)

いつでも必要な分だけ現地通貨を引き出せる

クレジットカードでキャッシングするもう一つのメリットは、いつでも必要な分だけ現地通貨を引き出せるという点です。

両替の場合は、限られたスケジュールの中で、両替所を探して行く手間がかかりますよね?

キャッシングなら、最寄りの海外キャッシングATMで、いつでも欲しい分だけ現金を引き出せます。

泊まっているホテルのそばに両替所がない場合や、夜になって急に現金が必要になる場合などは、とくにキャッシングの方が便利です。

現金を持ち歩くよりも安全 

皆さんそうだと思いますが、両替所で両替をする場合、ある程度まとまった額のお金を持って行きますよね?

たくさん現金を持って移動するとなると、やっぱり心配なのが盗難です。

私が暮らすベトナムでは、毎日のように観光客を狙ったひったくりが起きていて、私も何度も目の前で、バッグがひったくられるのを目撃しました(-_-;)

それで海外、とくに治安が悪い国では、現金はなるべく持ち歩かないのが最善です!

キャッシングならその点、必要な時に必要な分だけ引き出せるので、安心安全でオススメですよ。

もちろん盗難にあった場合、クレジットカードもお財布と一緒に盗まれてしまうケースが考えられますが、その場合はカード会社に電話して、カードの利用をSTOPしてもらえば、被害を最小限に抑えることができます。

その点も、現金よりクレジットカードの方が安心安全だと言えますね(^^)

triko
海外のATMでキャッシングする時は、周りの状況に十分注意して、暗証番号を見られないように、また安全な場所にあるATMを必ず選びましょう。

詳しくは、トリップアテンダント内の別記事 【海外クレジットカード最新事情】海外旅行で注意したいクレジットカードの使い方をご覧ください♪

クレジットカードでキャッシングするデメリット

海外旅行の際クレジットカードでキャッシングする場合、メリットだけではなくデメリットもあります。

代表的なデメリットは、次の2つです。

デメリット
  1. クレジットカードにキャッシング枠をつける審査が厳しい
  2. クレジットカードによっては使えないATMがある

デメリットも事前に考慮した上で、実際にキャッシングすべきか考えてみましょう。

キャッシング枠の審査が厳しい 

過去に返済の遅延や延滞があった人は、クレジットカードを持てたとしても、キャッシング機能を付けてもらえない場合があります。

また通常は、ショッピングの限度額よりも、海外キャッシングの限度額の方が低く抑えられています。

なぜならひとつは、海外で盗難の被害にあった場合の不正利用を防ぐため、もう一つはカード保持者である本人が海外逃亡するのを防ぐためです。

これらの理由から、海外キャッシングはクレジットカードの審査が厳しく設定されているのですね。

クレジットカードによっては使えないATMがある 

キャッシング枠が付いているカードでも、クレジットカードの種類によって対応できるATMが違ってきます。

  • VISA:PLUSマークのあるATMで対応可
  • Master Card:CirrusマークのあるATMで対応可
  • JCB:CirrusマークのあるATMで対応可
国際カードブランド対応表

自分のクレジットカードにどのマークが付いているか、しっかり確認しておきましょう。

そして、同じマークが付いているATMで、キャッシングするようにしてくださいね。

ここまでで海外旅行の際に、クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

ここからは、海外のATMで実際にキャッシングする操作方法について、写真付きで順番にご説明していきますね!

海外ATMでキャッシングする方法

海外旅行中にクレジットカードを使ってATMでキャッシングするには、次の8つのSTEPを順番にそのまま行っていけば、簡単に現金を引き出すことができますよ。

海外ATM操作方法
  1. 対応しているATMを探す
  2. クレジットカードを挿入する
  3. 言語を選択する
  4. 暗証番号を入力する
  5. 取引内容を選択する
  6. 口座の種類を選択する
  7. 引き出し金額を選択す
  8. 現金とレシートを受け取る 

「でも海外だし、英語表記のATMだと難しそう・・・」と思われたあなた、どうぞご安心ください(^^)

8つのSTEPを、実際に私が撮った写真を交えて、日本語で丁寧にご説明していきます!

1.対応しているATMを探す

まずは、国際ブランドに対応しているATMを探しましょう。

今回は、私がいつも利用しているHSBC銀行のATMを使います。

コンビニの店内にあるので、安全面も問題なしです(^^)

HSBCのATMATMの上部に、5つのカードのマークがありますが、見えますか?

  • PLUS
  • Union Pay
  • Cirrus
  • Master Card
  • VISA

自分のクレジットカードにこれらのマークがついていれば、こちらのATMでキャッシングができます。

もう一度対応表を載せておきますね!

国際カードブランド対応表

2.クレジットカードを挿入する 

2番目のSTEPは、「カード挿入口にクレジットカードを挿入」します。

ATMにクレジットカードを挿入する

この写真の、右下にある赤と白のクレジットカードが縦になっている部分ですね。

この挿入口に、カードを入れましょう!

3.言語を選択する 

3番目のSTEPとして、「言語を選択する」に進みましょう。

国によって、この画面は多少変わってくると思いますが、たとえばベトナムのこのATMはこんな感じになっていますよ。

ATMの言語選択画面

このATMでは、全部で8カ国語に対応しています。

さすがHSBC、すごいですね!

英語、マレーシア語、中国繁体語、中国簡体語、タミール語、フランス語、ポルトガル語、ベトナム語の8つ!

残念ながら日本語はありませんが、今回はいちばんわかりやすい英語を選択して進めていきましょう(^^)

4.暗証番号を入力する 

言語を英語に選択した後は、暗証番号を入力する画面に切り替わります。

暗証番号(PINナンバー)を入力画面

4番目のSTEPとして、「暗証番号(PINナンバー)を入力」する画面です。

ATMの画面下の方には、このような日本と同じようなテンキーがあります。

ATMのテンキー

周囲から見られないように注意しつつ、4桁の暗証番号を入力し、最後にENTERキー(緑色)を押しましょう。

5.取引内容を確認する 

5番目のSTEPは、「取引内容を確認する」です。

ATMで引出額を選択する画面

通常は「Withdrawal(現金引き出し)」を選択しますが、このATMでは、「WITHDRAW(現金引き出し)」が、3種類の金額ととも に画面上に出てきます。

引き出したい金額を選択しましょう!

もし引き出したい金額が画面の中にない場合は、右の上から3番目の「Other amount in(その他の金額)」を選択します。

この後の画面で、引き出したい金額を実際に入力していくので、この画面では選択するだけでOKです。

6.口座の種類を選択する 

6番目のSTEPは、「口座の種類を選択する」です。

実際は、こんな風に画面が出てきます。

ATMの取引アカウント選択画面

今回は、クレジットカードでキャッシングをするので、画面の左側にある「Credit card」を選択しましょう。

ここまで、大丈夫ですか?
付いてきていただけていますか?(^^)

基本的にどのATMもこれと同じか、少し画面の順番が違う程度ですので、流れを確認しておけば大丈夫ですよ!

7.引き出し金額を選択する 

7番目のSTEPは、「金額を入力」していく画面に続いていきます。

実際の画面はこんな感じで、出てきますよ。

引き出し金額の指定画面

引き出したい金額を入力したら、最後にENTERキーを押しましょう!

途中でもし金額を間違えてしまったら、あわてず黄色のCLEAR(訂正)キーを押して、金額を入れ直せば大丈夫ですよ(^^)

8.現金とレシートを受け取る 

現金が取り出し口から出てきますので、すばやく受け取りましょう。もちろんカードも忘れずに受け取ってくださいね!

そして必ずレシートを受け取るのを忘れないでください!

なぜなら万が一カードが出てこなくなった場合や、トラブルが発生した場合でも、レシートがあればそのATMを使って取引をした証拠になります。

また「自分がいくらキャッシングをしたのか?」という記録にもなりますので、レシートは必ず受け取って保管しておきましょう!

以上で、海外ATMでのキャッシング操作は完了です。

たいていの場合は、とくに大きなトラブルもなく無事にキャッシングできるはずなのですが・・・ 皆さんもご存知のように、海外では想定外のことが、急に起きたりします(-_-;)

続く記事では、こんな時はどうしたらいいの?トラブル発生時の対処法についてもお伝えしていきますね。

こんな時はどうしたらいい?

海外旅行中に、クレジットカードを使ってキャッシングをしようと思った時、ごくたまにですがトラブルも起きているのが現実です(>_<)

ここからは、代表的なトラブルとその対処法をお伝えしていきますね。

ATMの画面がエラーになる 

ATMの画面がエラーになる原因の多くは、ATM内に十分な現金がないケースが多く考えられます。

実際ベトナムでは、みんなが一斉にお金を下ろす週末によく起きています(苦笑)

その場合は、潔くあきらめて、別のATMを探しましょう。

何度も同じATMで試して、もしクレジットカードがATM内に吸い込まれたりしたら、さらに被害が増してしまうので、画面にError(エラー)の文字が出たら、すぐに取引を止めて他のATMに行きましょう。

クレジットカードが取り出せない 

問題なく取引は成功したのに、最後にクレジットカードが取り出せない、つまりATMに飲み込まれてしまうことがごくたまにですがあります(>_<)

その場合の対処法は、とにかくすぐにクレジットカード会社に連絡をして、カードを止めてもらいましょう!

そうすれば不正使用が行われるのを、事前に食い止めることができます。

もちろん銀行内にあるATMを利用して起きた場合などは、すぐに係の人に事情を説明し助けてもらうのが得策です。

とはいえ、その場合は言葉の問題もありますし、営業時間内ならまだしも、時間外に発生することも考えられますので、クレジットカードをまず止めてしまうのがベストかと考えます。

というわけで、いざという時のために、自分が使うクレジットカード会社の緊急時の連絡先をメモしておくことをオススメします!

クレジットカード会社はもちろん、24時間365日対応していますので、何かあったらすぐに連絡するようにしましょう。

まとめ

今回は、海外では両替よりクレジットカードでキャッシングする方がお得な理由と、実際のATMの操作方法について詳しくお伝えしてきました。

キャッシングを選んだ方がよいメリットについて、おさらいしておきましょう。

  • 両替するより手数料が安い
  • 必要な分だけいつでも引き出せる
  • 現金を持ち歩くより安全

また実際の海外ATMでのキャッシングの方法も、写真を交えてご説明しました。

英語表記のATMでも、事前に操作方法を確認しておけば、スムーズにキャッシングできます(^^)

また海外旅行に行く前に、事前に自分のPINナンバー(暗証番号)を確認することや、もしもの時の連絡先としてクレジットカード会社の連絡先を控えておくことも、どうぞ忘れないようにしてくださいね!

ADVISORこの記事を監修した人

Asumi

元ANA客室乗務員。高知県出身。
大学在学中に友人とバックパックでヨーロッパ一周など、これまで仕事を含め、旅した国は25ヵ国。結婚後1年間は沖縄の石垣島で過ごし、1児の母。
元客室乗務員としてのホスピタリティと、その豊富な旅行経験をもとに、トリップアテンダントで監修者として活動。
4枚のクレジットカード