SDGsへの取り組み

sdgsのロゴ

SDGsって、何?

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略です。

SDGsは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択され、すべての国連加盟国が2030年までに達成するためにまとめられた「世界を変えるための17の目標」です。

貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発など、17個の国際目標が掲げられています。(169のターゲットと232の指標があります)

簡単にいうと、「誰一人取り残さない」社会の実現のために、先進国だけではなくすべての国が、これら17個の目標を達成しよう!というものです。

参考:SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは? 17の目標ごとの説明、事実と数字 | 国連広報センター

トリップアテンダントが取り組むSDGs

日本政府が発表した「SDGsアクションプラン2019 」には、以下の3本の柱が掲げられています。

  1. SDGsと連動する 「Society 5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靱かつ環境に優しい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

参照元:SDGsアクションプラン2019

その中の3つ目が、『SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント』というものです。

具体的な取り組みとして、女性の活躍推進はもちろんのこと、女性活躍情報の「見える化」の徹底・活用の促進、ワークライフバランスの推進、女性リーダーの育成等が掲げられています。

その目標に貢献するために、トリップアテンダントではSDGsのうち5・8・17の達成に向けて活動をしています。

トリップアテンダンが目指すSDGs

わたしたちができること

弊社の本社がある「岡山県岡山市」は、全国の多くの市町村の中から、25市町村しか選ばれていない「SDGs未来都市」に選ばれています。

その地にある会社として、弊社はSDGsを通じて、世の中に貢献していきたいと思っています。

また2018年7月に発表された世界のSDGs達成度ランキングによると、日本は156カ国中15位に入ったものの、2017年の11位から順位を落としました。

このランキングで日本は、私たちトリップアテンダントが目標として掲げている『目標5:ジェンダー平等を実現しよう』の得点が低いことが分かっています。

女性の活躍の後押しや、お子さんがいても働けるようにするなどのワークライフバランスの推進をしていくこと。

1人でも多くの女性が活躍できることが、社会貢献につながると考えています。

私たちは、女性の愛に溢れた心遣いをもって、さまざまな課題に取り組むことができれば、自分たちの周りの小さなところから優しく、温かい世界になっていくことを信じています。

トリップアテンダントは、元客室乗務員のメンバーがあなたの旅の”不安や心配”を解消して、寄り添える存在であり続けます。