Kazuho Suzuki

パスポートを紛失したらどうする?対処法と新規発行までの手順を徹底解説

海外旅行へ行くときに絶対に必要なモノといえば、『パスポート』

「あれだけ注意していたのに、パスポート紛失してしまった・・・」
「お店のテーブルにカバンを置いたままにしてまって、パスポート盗難されてしまった。」

万が一、海外旅行中にパスポートを紛失してしまった場合、パニック状態になってしまいますよね・・・

ですがまずは、落ち着いて行動しましょう。

今回は、パスポートを紛失してしまった場合の取るべき対応・再発行までの期間と手順をご紹介いたします。

パスポートをなくした場合の対応

まずパスポートを紛失した場合は、紛失届を提出し、パスポートを失効させる必要があります。

そして新しいパスポートを新規で発行します。

パスポートを紛失した場合、紛失届を提出しパスポートを失効させ、新規でパスポートを発行するという流れになっているので覚えておきましょう。

また『どこで』『どのように』パスポートを紛失したかによって対応が変わってきます。

ですのでここからは、『海外旅行中にパスポートを紛失した場合』と、『国内で紛失した場合』について順番にご説明します。

まずは『海外旅行中にパスポートを紛失した場合』からご説明しますね。

海外旅行中にパスポートを紛失した場合の3つの手順

海外旅行中にパスポートを紛失してしまった、またはスリの被害にあった場合は以下の3つの対応が必要となります。

  1. まず警察に行ってポリスレポートを作成する
  2. 日本大使館で紛失一般旅券等届出書を作成・申請してもらう
  3. 渡航書新規パスポートの作成してもらう

それでは警察に行くところをから、順を追って見ていきましょう。

1.警察署に行って「ポリスレポート(紛失証明書)」を作成する

パスポート紛失が発覚したら、すぐに警察に行きましょう。

「日本大使館に真っ先にいかなくては!」と思っている方も多いのですが、警察に行くのが先です。

警察についたら、パスポートを紛失した旨を伝え「ポリスレポート」を作成してもらいましょう。

ポリスレポートとは、パスポートを紛失したことを証明する書類のことを指します。

2.日本大使館で「紛失一般旅券等届出書」を作成・申請する

書類の受け渡し

ポリスレポートを作成してもらったら、すぐに日本大使館に向かいましょう。

そして日本大使館で、「紛失一般旅券等届出書」を作成・申請します。

紛失一般旅券等届出書を作成・申請する際には以下の3つの書類が必要となります。

  1. ポリスレポート
  2. 写真(縦45mm×横35mm)1枚
  3. 本人確認書類(免許証や保険証など)1枚

この際パスポートのコピーを持参していると、処理がスムーズです。

3.渡航書か新規パスポートの作成してもらう

紛失一般旅券等届出書が受理されたら、以下のどちらかの対処法から選ぶことができます。

  • 新規パスポートを発行する
  • 新規パスポートは発行せず、渡航書を申請する

パスポートの再発行は、戸籍謄本もしくは戸籍抄本が必要となり、日数もかなりかかってしまうので短期間の旅行の際には、渡航書を作成してもらいましょう。

留学中や長期滞在中の人は、パスポートを再発行してもらいましょう。

渡航書発行に必要な書類

渡航書を発行する場合は以下の3つの書類が必要です。

  1. 渡航書発給申請書 1通
  2. 写真(縦45mm×横35mm)1枚
  3. 戸籍謄本もしくは本人確認書類
  4. 帰りの航空券や日程表

渡航書の期限は7日~10日なので、それまでに帰国する必要があります。

帰国後の手続きは、記事内の下にある「旅券センターでパスポート失効の申請する(下に飛びます)」を確認しましょう!

新規パスポート発行に必要な5つの書類

海外でパスポートを再発行する場合は、以下の5つの書類が必要です。

  1. ポリスレポート
  2. 紛失一般旅券等届出書
  3. 一般旅券発給申請書 1枚
  4. 写真(縦45mm×横35mm)1枚
  5. 戸籍謄本もしくは戸籍抄本 1枚

戸籍謄本もしくは戸籍抄本は、原本が必要ですので、日本から郵送で取り寄せる必要があります。

再発行が完了するまでの期間は、申請からおおよそ1週間~10日ほどです。

簡単にですが、流れを振り返っておきますね!

海外旅行中にパスポートを紛失した場合の3つの手順
  1. 警察署で「ポリスレポート」をもらう。
  2. 日本大使館で「紛失一般旅券等届出書」を作成・申請する。
  3. 渡航書(短期滞在)をもらう、もしくはパスポートを再発行(長期滞在の場合)

日本国内でパスポートを紛失した場合

日本国内でパスポートを紛失してしまった際も、紛失届を提出し、新規発行をおこないます。

パスポートの紛失届を提出して、証明書をもらわないと、パスポートの新規発行ができません。

また海外の際とは少し手順が違いますので、以下を確認していきましょう。

パスポートの紛失届を提出する

国内でパスポートを紛失してしまった場合、どのように紛失したかによって届け出る場所が異なります。

ここでは、以下の3つの場合を見ていきましょう。

  1. 単純になくした場合
  2. 災害や火事で焼失した場合
  3. 盗難にあった場合

それでは単純になくしてしまった場合の手順からご説明します。

単純になくした場合

パスポートを紛失してしまった場合は、近くの警察署へ届け出ましょう。

そこで「遺失届出証明書」を発行してもらう必要があります。念のため、「遺失届の受理番号」もメモしておきましょう。

災害や火事で焼失した場合

家事や地震でパスポートを焼失してしまった場合には、近くの消防署または市区町へ届け出ましょう。

そこで「罹災証明書」を発行してもらう必要があります。

盗難にあった場合

パスポートを盗まれてしまった場合は、近くの警察署へ届け出ましょう。

そこで「盗難届出証明書」を発行してもらってください。念のため、「盗難届の受理番号」もメモしておきましょう。

紛失の仕方届け出る場所発行書類
なくした場合警察遺失届出証明書
焼失した場合消防署・市町村罹災証明書
盗難にあった場合警察盗難届出証明書

旅券センターでパスポート失効の申請する

申請書の作成

しかるべき場所で証明書をもらったら、最寄りの旅券センターに行きましょう。

パスポートを紛失したこと旨の申請をし、パスポートを失効させる必要があります。

その際、必ず紛失した本人が行く必要があります。代理人をたてることができませんので、注意しましょう。
※海外ですでにパスポートを再発行している場合は、申請する必要はありません。

旅券センターで申請する際に必要な書類

旅券センターで失効の申請をする際には以下の5つの書類が必要です。

  1. 紛失一般旅券等届出書 1通(窓口で記入)
  2. 紛失理由書類(遺失届出証明書・罹災証明書・盗難届出証明書のうちどれか)
  3. 写真 1枚(縦4.5cm×横3.5cm、半月以内に撮影したもの)
  4. 本人確認書類(1点もしくは2点)
  5. 住民票の写し

また海外から渡航書を使用して帰国した人は、海外から帰国した際の渡航書も持参する必要があります。

パスポート新規申請を行う

紛失したパスポートを失効するのと同じタイミングで、新規のパスポートを申請することも可能です。

旅券センターは平日朝~夕方までの営業が基本となっています。

会社勤めなどをしていて、平日に何度も旅券センターに出向くことが難しい方は、一度に申請しておく方がいいでしょう。

パスポート新規申請に必要な書類

パスポートを新規で申請する場合は、上記の5つに加え、3つのの書類も持参しましょう。

  1. 一般旅券発給証明書(旅券センターで記入)
  2. 写真 1枚(縦4.5cm×横3.5cm、半月以内に撮影したもの)
  3. 戸籍謄本もしくは戸籍抄本(原本)

写真は、失効申請と新規発行をする際には、計2枚必要となりますので注意しましょう!

パスポート紛失時の対応まとめ

上記で、パスポートの紛失発覚時から再発行の流れをご説明してきました。

大まかなポイントは以下の3つです。

  • パスポートを紛失したら、失効して新規発行する必要がある
  • 紛失した場所が海外と国内で、とるべき対応が違う
  • 国内でパスポートの申請をする際には、旅券センターへ行く

旅行直前や旅行中にパスポートを紛失してしまった場合はパニックになってしまうでしょうが、焦らず、落ち着いて行動しましょう。

また紛失しないように普段からパスポート管理には、十分注意を払いましょうね!

パスポートの持ち歩き方

海外旅行も安心!なくさない・盗難されないパスポートの持ち歩き方

2019-01-25

ADVISORこの記事を監修した人

Asumi

元ANA客室乗務員。高知県出身。
大学在学中に友人とバックパックでヨーロッパ一周など、これまで仕事を含め、旅した国は25ヵ国。結婚後1年間は沖縄の石垣島で過ごし、1児の母。
元客室乗務員としてのホスピタリティと、その豊富な旅行経験をもとに、トリップアテンダントでライター・監修者として活動。

トリップアテンダントのYouTubeチェンネルでも活躍してます!→YouTubeを観てみる
3つのパスポート