あいあい

パスポートはいつまでに必要?パスポート申請のタイミングと注意点

海外旅行に行こう!と決めたはいいけど、

「そういえばまだパスポート持ってない・・・。いつまでに必要?」
「パスポートは持ってるけど、有効期限が足りないから更新しなきゃ(^^;)」という方いらっしゃいませんか?

海外に行くには、必要不可欠なパスポート。

持っていない人は、新規発給
有効期限が足りない人は切替発給をしなければなりません。

そんなあなたの「パスポートはいつまでに用意すればいいの?」という疑問に、客室乗務員として6年間乗務し、現在は海外在住のあいが、おこたえします!

  • パスポートはいつまでに必要か
  • パスポート情報入力時の注意点やよくあるミス
について、詳しく説明していきますね。

ぜひこの記事を読んで、パスポートを計画的に申請し、余裕をもって旅行の準備をしていきましょう♪

パスポートはいつまでに必要?

海外旅行や航空券を予約する際、予約手段や利用する航空会社、旅の目的や滞在期間(ビザの有無)によっても異なりますが、予約時にパスポートが必要なケースはほとんどありません。

もっといえば以下の場合は、基本的に当日のチェックイン時にパスポートを用意できていればいいのです!

  • 旅行代理店を通さない
  • 予約時にパスポート情報が必須な航空会社を利用しない
  • ビザが必要ない

ただ滞在先の国や利用する航空会社が、事前に利用者の情報(パスポート情報)を求めてくることもあるので、例外はあります。

また当日にはじめて、パスポートを提示する場合のリスクとして2点考えられるのが・・・

  1. 搭乗手続きや入国審査に時間がかかることもある
  2. 航空券の予約内容とパスポート情報が「同一」でない場合は搭乗できない

入国手続きは、法律にも関わることなので、航空会社はかなりシビアにチェックします。

ですので結論として・・・

当日の混乱をさけるためにも、出発の1週間前までにはパスポートを用意し、航空会社のHPで、事前にパスポート情報の入力を済ませることをおすすめします!

では上で説明したものとは逆に

  • 旅行代理店を通す場合
  • 予約時にパスポート情報が必須な航空会社
  • ビザが必要な場合
についてお話ししていきます。

とくに旅行代理店を通して予約する方は多いと思いますので、まず説明していきましょう。

旅行代理店で海外旅行を予約する場合

旅行代理店で、海外旅行の相談

旅行代理店で海外旅行や航空券を予約する場合、それぞれパスポート情報を求められる期限に差はありますが、大体が出発の1〜3週間前までの登録を求めています。

予約をする時に、パスポートをもっているかの確認はあるかと思いますが、まだ手元にない場合は取得中と伝え、取得後すみやかに旅行代理店に伝えるようにしましょう。

また利用する航空会社によっては、予約の時にパスポート情報が必要な場合、または出発の3週間以上前など、早い時期から必要なケースもあるので、利用する旅行代理店に確認しましょう!

triko
旅行代理店がパスポート情報を事前に求めるには理由があります。

  1. パスポートが有効かどうか(有効期限が足りているか等)
  2. パスポートと予約情報が合っているか

この2点を私たちの代わりに確認してくれているからです。

パスポートの有効期限が足りていない、もしくは情報に誤りがあった場合、予約は無効になり購入しなおす必要があります。

トラブルを避けるためにも、パスポートが用意できたら、すみやかに旅行会社に伝えましょう♩

予約時にパスポート情報が必須な航空会社

近年、予約時にパスポート情報が必要な航空会社は減ってきていますが、以下のような一部の航空会社を利用する場合は、予約時にパスポート情報が必要です。

予約時にパスポート情報が必要な航空会社の例
  • アエロフロート・ロシア航空
  • S7航空
  • ウズベキスタン航空
  • ピーチ
  • 春秋航空
  • 海南航空
  • タイガーエア台湾
  • エアアスタナ
  • ヤクーツク航空
※航空会社によっては、予約後にパスポート情報(旅券番号含む)の変更が一切できません。事前に各航空会社のHPでご確認ください。
※インドやロシア、中国系航空会社や一部のLCCでは、事前にパスポート情報を求めるケースが多くなっています。

例にあげた航空会社を利用する予定があり、パスポートが手元にない方は早めに申請しましょう。

triko
予約時にパスポート情報が必要でも、予約後に変更可能な場合や、一切変更できない場合があったりと、航空会社によって“パスポートに関する規定内容”は違います。

利用予定の航空会社のHPや旅行代理店で事前に確認をしましょう!

ビザが必要な場合は早めにパスポートを申請しよう!

留学や就労で海外に行く場合、また海外旅行においても長期で行く場合や、渡航先によってはビザが必要になります。

ビザの種類によっても変わりますが、申請時はパスポート情報が必要になるケースが多いので、ビザ申請時までにパスポートを用意しましょう。

また新しいパスポートに切替発給をする予定の方は、ビザ申請時は旧パスポートの旅券番号を入力し、後日新パスポートの旅券番号に変更できることもあります。

ビザの種類や滞在先によって、申請方法やビザ取得までの日数も異なるので、不明点はビザセンターに確認しましょう!

パスポート申請から受取りまでにかかる期間

パスポートの申請から受取りまでの日数は、都道府県や各自治体によりますが、約6〜8日間(土日祝日・年末年始除く)です。

たとえば出発の1週間前までに、パスポートを用意したい場合は、遅くても旅行の2、3週間前までには申請した方がよさそうです。

「仕事や用事があって、なかなかパスポートセンターに行けそうにない!」という方は早めに計画を立て、余裕をもって申請しましょう。

またパスポート申請時、必要書類に不備があったり、書きまちがいがあると受理してもらえないので、パスポートセンターに行く前によ〜く確認していきましょう!

triko
パスポートには『緊急発給制度』や『早期発給制度』というものがあります。

制度を利用するには条件がありますが、「どうしても間に合わない!」とお困りの方は、パスポートセンターに相談してみましょう。

絶対NG!パスポートの名前・性別・生年月日のミス

上でも説明した通り、海外旅行や航空券の予約時に提出した情報『名前・性別・生年月日』と、パスポートの情報が同一でない場合は、予約が無効となり、その予約では飛行機に搭乗することができません。

また予約後の『名前・性別・生年月日』の変更や訂正はできない場合がほとんどですので、正確に記入する必要があります。
※旅券番号の変更はできる場合もあります。

そんなことを聞いたら、こわくなりますよね・・・でも大丈夫!

今回は、よくある間違いについて説明していきますので、名前のローマ字表記などに不安がある方は、ぜひご覧ください♪

名前のスペルでよくある間違い

パスポートの名前のローマ字スペルは原則『ヘボン式』という表記が使われています。

「ん?なにそれ?」という方も多いと思いますが、『ヘボン式』という言葉は、覚えなくても大丈夫です!

ここでは、日本人が間違いやすい名前スペルのミスを3つ紹介しますね。

1.長音の「おお」や「おう」がつく場合
例:佐藤(さとう)
誤「SATOH」→正「SATO」

大田(おおた)
誤「OHTA」 →正「OTA」

2.「ん」がつく場合
例:本間純平(ほんま/じゅんぺい)
誤「HONMA/JUNPEI」→正「HOMMA/JUMPEI」

※アルファベット「B」「M」「P」の前の「N」は「M」に変えて表記します。

3.「っ」が付く場合
例:別所鉄平(べっしょ/てっぺい)→「BESSHO/TEPPEI」

※「っち」「っちゃ」「っちゅ」「っちょ」に限り「CH」の前に「T」を表記します。
例:八町(はっちょう)→「HATCHO」

triko
重要なのは、パスポートの表記内容と予約内容を一致させることです!

ローマ字のスペルだけでなく、姓名の『姓』と『名』の順序を逆にしたり、ミドルネームがある方は記入もれがないように注意しましょう。

結婚などで名前が変わった場合

結婚などにより姓(苗字)が変わった場合は、パスポートの記載事項変更もしくは、新規発行をする必要があります。

ですが新婚旅行などで、結婚後すぐにパスポートを使用したい場合は、手続きが間に合わないこともありますよね?

その場合、旧姓のパスポートを使用しても問題ありません。

出発当日に持参するパスポートの名前で予約をしましょう!

また帰国後は、そのままにせず、すみやかにパスポートの変更手続きを行うことをおすすめします。

まとめ

予約時にパスポートが必要な航空会社は近年減ってきており、出発までに用意できていればいいケースは多くなっています。

ですが予約内容に1つでもミスがあった場合は、大変なことになります。

当日のトラブルを防ぐためにも、海外旅行の予定を立てたら余裕をもって、早めにパスポートの準備をする方がよさそうですね。

予約内容の記入ミスにも十分注意をし、旅行当日は安心して空港に向かい、旅を思いっきり楽しみましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

あい

元ANA客室乗務員。
CAとして6年乗務し、現在はイギリス在住。
これまでアメリカの8都市や、東アジア・東南アジアのほぼすべての国を訪れ、訪れたことのある国は21ヵ国。
訪れてよかった国は、食べ物の美味しいイタリア・スペインと、マッサージやスパが安いインドネシア。
趣味は、オシャレなカフェや雑貨屋巡り、最近はヨーロッパの食器集めにはまっている。
    2つのパスポート