さち

【決定版】旅慣れた元CAが厳選!海外旅行に持っていきたい100均の便利グッズ

海外旅行の持ち物リスト、もう一度読み返してみると実はいらないものや、意外と高価なものって多いですよね。

「パスポートを入れる腹巻きポーチ、本当に使うかな?」
「ネックピローってあった方がいい?」
「雨具は欲しいけど傘は場所とりそうだし、レインコートをわざわざ買うのもなぁ・・・」

などなど、いるかどうかわからないけど、持って行くと便利かもしれないと思うアイテムって多いですよね?

これらを全て買い揃えていたら、余計な出費が増えてしまいます・・・

そんな時は、まず100均ショップをのぞいてみましょう!

というわけで、こんにちは!
元CA、現在海外在住のサチです(^^)

海外旅行で必要なもの、あると便利なものが、100均では手軽に購入できます。

日本を代表するセリアやダイソーなど、100均のクオリティの高さとコスパの良さはピカイチです!旅行準備の出費は最小限にして、おみやげ代にまわましょう♪

この記事では、海外旅行で活躍する「100均の便利グッズ」を紹介します!

海外旅行で絶対にはずせない100均の便利グッズ10選

まずは便利グッズの中でも、海外旅行で私がおすすめする必携アイテムを、10つご紹介します!

海外旅行に持っていってまず間違いない!という便利グッズだけを厳選してみました。

逆止弁がついた圧縮袋

逆止弁付き圧縮袋

荷物が多くなりがちな海外旅行。

日本が寒い時や、海外の寒い場所に行く時には、とくに荷物がかさばりますよね?

行きのスーツケースは、綺麗に整頓されているので、問題なく荷物をいれられたけど、帰りは「荷物がぐちゃぐちゃで、荷物が閉まらない・・・」なんてことがありがちです(笑)

そんな時には逆止弁付きの圧縮袋がおすすめです!

手で巻くだけで簡単に圧縮されるので、荷物をコンパクトにまとめることができます!

子連れ海外旅行には必需品!

オムツをはいている小さなお子様との長期旅行でしたら、大量のオムツを圧縮できるので、確実に重宝しますよ!(^^)

折りたためるスリッパ

折りたたみスリッパ

海外のホテルでは、スリッパが常備されていないことがほとんどですので、スリッパは忘れずに持っていきましょう!

長時間のフライト中も活躍してくれること間違いなしです。

スペースを確保するためにも、機内持ち込みするなら折りたためるものがベストですね♪

ネックピロー

ネックピロー

ネックピローがあるとないとでは、長距離フライトの快適性は全く違ってきます!機内でしっかり寝ておけば、現地に到着してすぐ活動開始できますよ。

ネックピローには、空気を入れるエアータイプやマイクロビーズなど、いくつか種類がありますので自分に合うタイプを見つけましょう。

エアータイプだと空気を抜けば持ち運びは便利ですが、気圧によって枕が膨らんだりしぼんだり、上空で何度か空気の調整をしなければいけないこともあります。

マイクロビーズ入りの形がしっかりしたものは、少し場所をとるので、空気を入れるタイプのネックピローを購入しました(^^)

スナップで首にしっかり固定でき、持ち運ぶ時はキャリーの持ち手やリュックにパチンと固定して持ち運びも楽々です!

耳栓

気圧変動対応の飛行機用の耳栓

耳栓は機内で周囲に邪魔されず、ぐっすり寝たい場合には必須ですよね?

それ以外にも滞在先の部屋が大通りに面した部屋の場合、またエレベーター横の部屋のような場合、騒音対策としても大活躍してくれます。

耳栓は、とくに場所も取らないので、必ず持っていきたいアイテムです!

子供用のキャラクターケース付き、紛失防止用のコード付き、水の中でも使用可能なスパイラル式、さらには気圧の変化による耳の痛みを軽減できる気圧調整機能付きなど、100均の耳栓といっても豊富な種類がそろっています。

私は機内でしょっちゅう耳栓をなくすので、コード付きを持ち歩いていますが、100円で予備まで付いているものもありますよ。

100円であれば最悪なくしても、そこまで悔やまれないですね。

ただ飛行機に何度も乗る方は、100均の耳栓ではなく、以下の記事で書かれている耳栓おすすめします!また耳抜きの方法がわからない方にも読んでほしい記事ですね。

耳が痛い人

飛行機で耳が痛い時の耳抜きの方法と、オススメの飛行機用耳栓

2019-03-15

ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

おしぼりに慣れている日本人としてはあると安心するウェットティッシュですが、手を拭く以外にもタイプによって色々と活躍してくれます。

抗菌タイプであればトイレやホテルのドアノブなど、気になる箇所を消毒できます。

赤ちゃんのお尻ふきのような身体に使えるものであれば、フライト中にさっと身体の汗を拭き取ることもできますよ。

スライダーバッグ

スライダーバッグ

液体物を機内に持ち込むためにも、まず必要になるのがスライダーバッグ。「フリーザーバッグ」「ジップロック」などの名前で有名ですね。

小分けボトルが入るビニールポーチなど、可愛いものも売っていますが私はいつもこのシンプルなスライダーバッグです。

機内持ち込みすると気圧で液体が漏れてしまうこともありますので、この袋なら汚れてもすぐ洗える、もしくは捨てても惜しくありません。

マチもないので幅も取らない上、外からパッとみて中身が一目でわかります。

私はバラバラとした化粧品類から、eチケット・マイレージカードなどの書類、からまりやすい充電器など、それぞれの袋にまとめて収納しています。

小分けボトル

小分けボトル

こちらも液体物を持ち込む場合に必要になります。

100ml以下のサイズであれば機内に持ち込み可能ですし、「使い慣れたシャンプーを小分けして持っていきたい!」という場合にも使えます。

ボトルの口も、スプレータイプやポンプタイプなど、さまざまですので用途に合わせて選びましょう!

コンパクトピンチハンガー

コンパクトピンチハンガー

着まわしたい下着や子供の汚した衣類などを手洗いしたとき、ピンチハンガーは必須アイテムです!

ホテルの部屋は乾燥していることが多いので、干せばだいたい一晩で乾いてしまいますよ(^^)

100均でもピンからキリまで色々なタイプが売っていますが、旅行に持っていくならコンパクトものや、折りたためるものを持っていくと良いでしょう¡

ピンチの数が足りないようであれば、コード付き洗濯バサミを吊り下げておくと、より多くの洗濯物が干せます。

変換プラグ

家電量販店ですら200円ほどする変換プラグもA、O、Cの3タイプに限り、100円で購入できます!
(ただし、現地店ではダイソーのみの取り扱いです)

これを忘れたら携帯すら充電できないので、私はスーツケースの内ポケットに常に入っぱなしにしています。

日本はAタイプですので、CとOさえあれば、アジア、ヨーロッパ、オセアニアなどかなりの国で対応できます。

ちなみにBFタイプのイギリス、香港、シンガポールなどへ行く場合、ダイソーには売っていませんので要注意です!

あなたが行かれる国がどのプラグなのか把握していますか?
また変圧器が必要かどうかも確認していますか?
 

もしまだ確認できていないなら、「海外旅行で必要な変圧器と変換プラグについて徹底解説!」を確認しましょう!

エコバック

海外のスーパーでは袋が有料の場合も多く、「買い物袋を買おうと思ったら、サイズが大きくてかさばる紙袋しか用意されていなかった!」ということも多いものです。

エコバックがひとつあれば、ショッピング袋をまとめたり、ビーチ帰りに濡れたタオルや水着を入れたり、雨が降ってきたときには荷物カバーにしたり、とにかく活用できますので、必ず持っていきたい便利グッズのひとつです。

あると便利!必要に応じて揃えたい100均の便利グッズ9選

ここからは、絶対持っていくほどでもないけれど、あれば便利なグッズを紹介していきます♪

日本の100均らしい「かゆいところに手が届く」アイデア商品も多いので、必要に応じてスーツケースに入れておけば、いざというときに活用できますよ。

折り曲げられるコード

「くねくねコード」「フレキシブルアーム」「クッションワイヤー」などの名称で様々なタイプが売られています。

ホテルでお風呂にスポンジやタオルをかけたいとき、洗った下着を干したいときなどには折り曲げてS字フックに大変身!

ベッドや機内で動画を見たい時にはスマホやタブレットホルダーにもなります。

リュックやバッグに荷物をまとめて固定したり、ベッド横に充電コードを固定したり、使い道は無限大。

折りたたみコップ

折りたたみ式シリコンコップ

「空港や機内で歯磨きするときにコップがあったらなぁ」と思った方も少なくないはずです。

そんな時に活躍するのがこちらの折りたためるシリコンのコップ。これなら折りたためて場所いらず、歯ブラシと一緒に持ち歩くことができます!

ボトル飲料を小さな子供に飲ませたい時や、滞在先で失くしやすい小さなアクセサリーを入れておくこともできます。

シリコンなのでお風呂で石鹸ケースとして使用もできますし、アイデアは尽きませんね(^^)

速乾タオル

東南アジアや南国へ行く場合、とくに雨季などにはゲリラ豪雨のようなスコールに逢うことが多々あります。

ホテルのタオルを持ち歩くとなるとかさばりが気になりますが、このペラペラの速乾タオルであれば場所もとりませんし、吸水性も抜群です!

濡れた水着や、乾ききっていない洗濯物をパッキングしなければいけない時にもこの速乾タオルで挟んでおけば問題ありませんね。

ただし、個人的には100均の速乾タオルは、吸水性、耐久性ともにあまりオススメはできません(^^;)

速乾タオルは旅行以外でも使えるので、できれば少しいいものを・・・というあなたは、こちらをチェックしてみてください。「海外旅行中の洗濯に便利なセームタオル

流せるお尻ふき

個人的にこの流せるお尻ふきは、かなりオススメです!

私の場合、ウォシュレットのない海外生活をしてみて初めてその必要性に気づきましたが、海外旅行でももちろん大活躍は間違いなしです!

ウォシュレットやビデの代用としても多いに役立ちますし、海外の公衆トイレで汚れが気になる箇所を拭くこともできます。

子連れ旅行でも何かと使用する頻度が高いので、欠かせない便利グッズです。

手荷物固定ベルト

スーツケースベルト

CA現役時代にお世話になったこちらのベルト、今では驚きの100円で手に入ります!

これはキャリーの上にバッグやおみやげの紙袋を固定する時に使用します。

「免税店で買い物しすぎて荷物が増えてしまった!」
「空港とホテル間を交通機関で移動する際に、荷物をうまくまとめたい」

そんな荷物で困った時の強い味方です!

レインコート

レインコート

100円レインコートの素材は決して厚手ではありませんが、折りたためてコンパクトになるので、スーツケースにひとつ入れておいてはいかがでしょうか。

スーツケースを引いて路上を移動している時にもし雨となれば、傘をさしている余裕もありませんよね?

サッと取り出せるようスーツケースの外ポケットに入れておいたり、ショルダーバッグに入れておくだけでも安心です!

洗濯ネット

洗濯ネット

洗濯ネットは特に女性におすすめしたい便利グッズです!

旅行中に溜まった洗濯物の山、その中でもデリケートな下着などを旅行先であらかじめ洗濯ネットに仕分けしておきましょう。

帰国して一気に洗濯機に投入できるので、旅行後の洗濯が本当に楽ですよ!

また現地で洗濯したい場合にも、この洗濯ネットがあると便利ですよね(^^)

大きめネットであれば衣類の仕分け袋としても使えます♪

自撮り棒

自撮り棒

この時代、ついに自撮り棒まで100均で手に入るのは驚きです!

現地点でダイソーでは300円、キャンドゥーやセリアでは100円のようですが、クオリティはだいたい同じようです。

どれも手元にはリモートシャッター付きなので、タイマーセットしなくてもチャンスを逃さずシャッターが押せます。

ひとり旅行でセルフィが撮りたい場合や、友人や家族と集合写真が撮りたいという方、なかなか現地の人に写真を撮ってもらうようお願いできないという人は、ぜひ持っていきたい便利グッズです(^^)

ちなみにこのリモートシャッターのコードはヘッドフォンジャックに接続する必要があります。

iPhone7以降のヘッドフォンジャックがない機種の場合には、iPhone付属品の「Lightning 3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ」(充電器の穴にヘッドフォン端子を接続するための変換アダプタ)を接続すればちゃんと機能しますよ!

セキュリティロック

ダイヤル錠

ダイアル式タイプ、南京錠タイプ、ファスナーの穴に通せる小型の鍵や、ワイヤータイプなど、100均にはセキュリティロックも数多く揃っています。

列車で長距離を移動するような場合や、空港での乗り継ぎにちょっと仮眠したい場合など、荷物に鍵をかけずに置いておくのは不安ですよね。

またドミトリーや格安ホテルでの滞在など、宿泊する部屋の中でも鍵をかけておいた方がいい場合もあります。

そんなときに備え、自分の荷物に合った鍵を用意しておきましょう。安心はひとまず100円で買えます!

注意!

だたしあくまでも100円クオリティです。

高価なものを持ち歩く場合には、より強固な鍵を用意しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしか?

行くたびに発見の多い100円均一では便利グッズも日々進化していますよね!

海外旅行の準備を始める前に、ぜひ一度じっくり100均をのぞいてみてください。きっとたくさんのアイデアが得られるはずです!

ABOUTこの記事をかいた人

元ANA客室乗務員。乗務歴9年。愛知県出身。

現役時代の海外ステイでは、地元サブカルチャーやローカルマーケット・蚤の市の発掘など、街の端っこを一人歩きするのが趣味という、サブカル好きCA。好きな街はブルックリン、アムステルダム、ベルリン、ロンドンのショーディッチやカムデンタウン。
現在はヨーロッパ在住、ハーフの息子2人と主人と4人暮らし。
    100円均一で買える海外旅行グッズ