柴田柴田

スリ対策もバッチリ!海外旅行用のお財布選びのコツとおすすめ財布5選

海外旅行を安全に楽しむために、欠かせないのが貴重品の管理です。

観光客を狙ったスリも多いと聞いて、どんなお財布をもっていけばいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

柴田
こんにちは!

海外旅行中は3つのお財布を使い分ける、イギリス在住の元CA柴田です(^^)

「お財布3つって、ちょっと神経質すぎない?」と、思いましたか?(^^)

いえいえ、そんなことはありません!

スリが多いことで有名なパリや、ロンドンに10年以上住んできた経験や、CA時代に頻繁に海外へ出かけていた経験から断言します。

海外旅行では、3つの役割が違うお財布を使いわけるのが、1番安全で実用的なんです!

ではこれから、3つのお財布に入れるものや、海外旅行にもっていくお財布選びのポイントなどを詳しく解説していきますね。

海外旅行中は3つのお財布を使い分ける

海外旅行中は、貴重品を一箇所にまとめて持たずに、お財布などを分けて管理するのがオススメです。

1つのお財布にまとめていると、そのお財布を盗まれてしまったときのダメージが大きいですよね。

それに、旅行中に持ち歩く必要のない貴重品や、日本円などが入った普段のお財布をそのまま使うのは、あまり使いやすいとはいえません。

そこで海外旅行では、次の3種類のお財布を分けて準備しましょう!

海外旅行中のお財布の使い分け
  1. 最低限の現金やカードを入れるメイン財布
  2. 予備のカードやパスポートなどを入れる隠し財布
  3. 観光中に使わない貴重品を入れる保管用財布

それぞれのお財布について、もう少し詳しく説明していきますね。

【お財布1】最低限の現金やカードを入れるメイン財布

1つ目のお財布は、海外旅行中のショッピングやレストランでの支払いに使う、持ち歩き用のお財布です。

いちばんよく使うお財布なので、外貨がぱっと見やすくて、コンパクトなものを選びましょう。

中に入れるのは、最低限の現金とクレジットカードのみです。

必要以上の現金や貴重品、ホテルのカードキーなどは入れないようにしましょう。

【お財布2】予備のカードやパスポートなどを入れる隠し財布

2つ目は、予備の現金やクレジットカードなどの貴重品をわけて持ち歩く、隠し財布です。

ホテルのカードキーも、このお財布に入れておきましょう。

パスポートが入るサイズのお財布なら、パスポートケースを別で買う必要もなく、持ち物もスッキリしますよ。

斜めがけバッグの底の方や内ポケットなどに入れるか、ウェストポーチや首から下げるセキュリティーポーチを利用するのがオススメです。

ただしウェストポーチ・トラベルポーチは目立ちやすく、貴重品がある場所が特定されやすいので、できるだけ上着の下に隠して、外から見えないようにした方が安心でしょう。

海外旅行中はパスポートを携帯する?

「命の次に大切なパスポート」というのは大げさですが、なくしたら大変なので、できればパスポートは持ち歩きたくないですよね。

海外旅行中は、身分証明書としてパスポートを携帯するのが義務。

パスポートをバッグの中に入れる男性

パスポートは必ず携帯しましょう!

渡航先によっては、警察がランダムにパスポートをチェックすることもあるので、運が悪いとパスポート不所持で罰金、最悪の場合、逮捕です。

またお店でアルコールを買うときに、年齢確認としてパスポートの提示を求められることもあるので、できるだけ安全な方法で持ち歩くのがベストでしょう。

【お財布3】観光中に使わない貴重品を入れる保管用財布

3つ目は、観光している時に持ち歩く必要がない貴重品を保管するためのお財布です。

このお財布には、日本円や予備のクレジットカード、その日に使わない現金、日本の運転免許証など、観光中に持ち歩かない貴重品をまとめて入れておきます。

私は、普段使っているお財布を3つ目のお財布として利用して、ホテルのセイフティーボックスや鍵をかけたスーツケースの中に入れておくことが多いです。

ただし、滞在先のセキュリティ面が不安なゲストハウスや安宿に宿泊するときは、持ち歩いたほうが安全でしょう!

その場合、お財布は3つではなく、2つにわけた方が貴重品の管理が簡単です。

その代わり2つ目のお財布に貴重品をすべて入れることになるので、旅行の準備の段階で、できるだけ貴重品を減らすように心がけてくださいね。

ジップロックをお財布代わりにするのもあり

海外旅行中のお財布として、Sサイズのジップロックを代用するのもオススメです。

海外旅行用のお財布というと、ちゃんとしたお財布を持っていないといけないような気がしますよね?

ところがジップロップが、意外と実用的なんです!

保管用財布として使えるのはもちろんですが、中に入っている現金(とくに小銭)がひと目でわかるので、メインのお財布としても活躍します。(CAは色々な国に行くので、国ごとの紙幣に分けられたジップロックをお財布代わりに使っている人も多いんです!)

プールサイドやビーチでも、中身が濡れないので便利ですよ!

triko
ジップロックは便利な半面、外から所持金が丸見えなので、必要以上に現金を入れないように注意してくださいね。

海外旅行中は、ジップロックに助けられるシーンが多々あるので、ぜひ何枚かスーツケースに入れておきましょう。

海外旅行のシチュエーションごとのジップロックの活用方法については、こちらの記事でわかりやすくまとめられていますよ。

海外旅行で使えるジップロック活用方法12選

【旅の幅が広がる】海外旅行でのジップロックの便利な活用方法12選!

2019-09-18

それでは、どんなお財布が海外旅行で便利なのか、お財布選びのポイントを説明していきます。

海外旅行用のお財布を選ぶときのポイント

海外旅行中に持ち歩くお財布は、次の5つのポイントを重視して選ぶのがオススメです。

海外旅行用のお財布は…
  1. 軽くてコンパクトなもの
  2. 防犯を意識したもの
  3. 小銭がたくさん入るもの
  4. あまり高価でないもの
  5. 旅行の目的やスタイルにあったもの

ひとつずつ説明していきますね!

1.軽くてコンパクトなもの

海外旅行は身軽が一番。お財布も、軽くてコンパクト、小さいものを選びましょう。

移動が多い旅行先では、かさばるお財布や、重いお財布はNGです。

海外旅行用にコンパクトにデザインされたものや、アウトドア用の軽い素材のお財布がオススメです。

もちろん、さきほどお伝えしたようにジップロックでもOKです!(^^)

triko
あまり小さすぎるお財布だと、国によっては紙幣のサイズがあわなくて、きちんとお財布に収まらないことがあるので注意しましょう!

2.防犯を意識したもの

海外旅行中のスリ対策として、防犯効果の高いものを選びましょう。

とくに、パスポートや予備のクレジットカードなどを持ち歩く2つ目のお財布は、スキミング防止素材を使用しているものなど、できるだけ安全面にこだわることをオススメします!

スリ防止といえば、ウィレットチェーンを思い浮かべる方も多いかと思いますが、お財布の位置が丸見えになるので、狙われやすいというデメリットがあります。

チェーンをつけるなら、お財布はバッグの中に入れて、うちポケットのファスナーなど、外から見えないところにつないだ方が安全です。

3.小銭がたくさん入るもの

海外旅行中にメインで使うお財布は、とにかく小銭がたくさん入って、見やすいものを選ぶと便利です。

慣れない外貨だと、ついつい紙幣で支払いをして、小銭でお財布がずっしりジャラジャラ…というのは、海外旅行なら誰しも通る道(^^;)

小銭があまり入らないお財布や、小銭を取り出しにくいお財布は、海外旅行では実用性が低いのでオススメしません。

4.あまり高価でないもの

海外旅行用のお財布は、盗られてもあきらめがつく価格のものを持っていきましょう。

繰り返しますが、海外には観光客を狙ったスリがたくさんいます。

お財布をバッグから盗まれる人

チャックのないカバン、カバンポケットには注意しましょう!

せっかくの海外旅行なので、奮発しておしゃれなブランド物のお財布を持って行きたいのは山々ですが、そこをぐっとこらえて…万が一、盗難にあったときのことを想定しておくのが賢明です。

とくにブランド物のお財布は、スリに狙われやすいので要注意ですよ!

5.旅行の目的やスタイルにあったもの

海外旅行用のお財布は、旅行の目的地やスタイルにあったものを選ぶのがベストです。

たとえば

  • ビーチリゾートに行くなら、水の中に入れても大丈夫なもの
  • バックパッカーなら、防水加工で軽いもの
  • なにかと荷物が多くなる子連れ旅行のママさんなら、両手が空くウェストポーチ…

などなど、旅先でお財布を持ち歩くシーンを想像して、必要な機能がついたお財布を選びましょう。

では海外旅行には、どんなお財布がオススメなのか?目的別にいくつかピックアップしてご紹介します!

【目的別】オススメの海外旅行用財布5選

海外旅行にオススメのお財布を、次の3つの目的にわけてご紹介していきます。

  1. 街歩きにオススメの海外旅行用財布
  2. パスポートが入るサイズの海外旅行用財布
  3. ビーチリゾートに持っていく海外旅行用財布

お財布選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

1.街歩きにオススメの海外旅行用財布

海外旅行の街歩き用にぴったりな、海外旅行用財布はこちら!

旅行財布 abrAsus(アブラサス)

海外旅行用に作られたお財布なので、使い勝手は抜群!

二つ折りでコンパクトなのに、長財布のように大きく開いて小銭を入れられるのが特徴です。

お財布の中身がひと目でわかるので、慣れない外貨での支払いも楽々。

お札入れのサイズも、人気の渡航先50カ国の紙幣に対応しています。

長く使える海外旅行財布をひとつ持っておきたい、という方にオススメの機能性の高いお財布です!

NOMADIC(ノーマディック)財布 小銭入れ

薄マチで軽くてコンパクトなのに、メッシュポケットx1、カード入れ×3、小銭が入れられるフリースペース×2という収容力もあるスグレモノ。

紙幣も二つ折りにすれば、ピッタリ収まりますし、中仕切りがあるので、小銭でカードが傷つく心配もありません。

キーリングにストラップやウォレットチェーンをつけて、スリや落下防止対策をすることも可能です。

amazon ランキング大賞2018 『メンズ財布部門』において、3位を獲得したお財布です!

2.パスポートが入るサイズの海外旅行用財布

パスポートや航空券も入るサイズのお財布を探している方には、こちらがオススメです!

Evershop パスポートケース

トラベルグッズで有名な『Evershop』のパスポート財布です。

パスポートや航空券、クレジットカード、紙幣、小銭などが、14個のポケットですっきり収まります。

スキミング防止素材を使用しているので、クレジットカードやパスポートの個人情報が盗み取られる心配がなく、セキュリティーもバッチリ。

付属のネックストラップをつけて、首から下げることもできますよ。

LiberFlyer セキュリポ®︎

手ぶらで海外旅行を楽しみたい方にぴったりな、ウェストポーチ。

とくにこのLiberFlyerのセキュリポ(セキュリティーポーチ)は、100%スキミング防止素材をポーチ全面に使用でセキュリティー面もバッチリです。

薄型で、たくさん入れてもかさばらない設計なので、服の下につけても目立ちません。

また、水にも強いので水着の上からでもつけられるという、活躍シーンが豊富なウェストポーチ型のお財布です。

3.ビーチリゾートに持っていく海外旅行用財布

ビーチやプールサイドにいくなら、スマホやカードが一緒に入れられる防水ケースが、お財布代わりとして大活躍です!

【2019最新版】 防水ケース スマホ用 

スマホだけでなく、パスポートやクレジットカード、小銭までも収納できる完全防水ケース。

ストラップとアームバンド付属で、必要に応じて首から下げたり、腕につけたりすることができます。

スマホをケースに入れたままでも、タッチパネル操作や鮮明な写真撮影も可能。ビーチリゾートには欠かせないアイテムです。

海外旅行中はお財布の持ち歩き方にも注意

海外旅行中のスリ被害を防ぐためには、お財布の持ち運び方にも十分気をつけましょう!

いくらスリ対策ばっちりのお財布を選んでも、防犯意識をしっかり持っていなければ台無しです。

防犯意識なんていうと、「なんだか特別なことをしなければならないの?」と身構えてしまいますが、そんなことはありません。

次の3つを実践するだけで、海外旅行中にスリにあう確率を一気に下げられます!

海外旅行でのお財布の持ち運び方
  1. お財布はスボンやジャケットの外ポケットに入れない
  2. お財布が入ったバッグは、からだの前に来るようにして持つ
  3. パスポートなどの貴重品を入れたウェストポーチや首からかけるトラベルポーチは、服の上から見えないようにする

また万が一、スリ被害に遭ってしまったときのために、貴重品は絶対に一箇所にまとめないようにしましょう!

メインで使うお財布には、最低限必要な現金とカードだけにすることで、スリの被害を最小限におさえられます。

海外旅行中のスリ対策については、下の記事でもっと詳しく解説しているので、あわせて読んでみてくださいね。

海外旅行にもっていくお財布の選び方のまとめ

今回は、海外旅行にもっていくお財布の選び方や、旅行先での貴重品管理の方法についてお伝えしました。

海外旅行用のお財布は、安全性と実用性がポイントです。

これさえクリアしていれば、海外旅行用のお財布をわざわざ購入する必要はありません。手持ちのポーチやジップロックで代用してもOKです。

ただし目的によっては、専用のお財布を購入したほうがずっと便利なこともあるので、必要に応じ検討してみましょう。

最後に…
海外旅行を安全に楽しむためには、お財布選びだけではダメです!

MEMO
  • 貴重品は3つのお財布にわける(絶対に一箇所にまとめない!)
  • メインで使うお財布に入れるのは、最低限の現金とカードのみ
  • スリに遭いにくいお財布の持ち運び方をする

といった、防犯意識を高く持つことを忘れないようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

柴田

元キャセイパシフィック航空の客室乗務員。大分県出身。

CA歴は8年。これまでに訪れたことのある国は15ヵ国以上、複数の国で海外在住の経験もあり、現在もヨーロッパに在住で2児の母親。今までに行ってよかった国はイギリス。

趣味は語学習得とアロマセラピー。本場イギリスでセラピストの資格を取得。英語とフランス語はネイティブ並みで、現在はポーランド語、広東語を勉強中!
    海外旅行用のお財布選びのコツ